分筆登記

登記記録上1つの土地を数筆の土地に分割する登記のことをいいます。

土地の分筆登記とは登記記録上1つの土地を数筆の土地に分割する登記のことをいいます。
一筆の一部を分割して売買などの有効活用をしたい、相続によって分割することになったなど、土地を有効利用するために色々な状況で土地の分筆登記は必要になります。

この分筆登記は分割線を入れる前提として土地の境界を確定しなければならず境界確定測量が必要となります。
なぜ境界確定が必要なのかというと、1ヶ所でも境界が定まっていないとその土地の面積が確定せず計算することができません。さらにその先の面積分割(分筆)も出来ないという理由です。
ですので、分筆登記の多くは ⇒ 境界確定測量+分筆登記申請という流れになります。

こんな時に分筆登記

土地や建物ことお気軽にお問い合わせください。

このページのトップに戻る