建物表題登記

建物を新築したときにする登記を建物表題登記といいます。

一戸建ての住宅や店舗、賃貸アパート等の建物を新築したときを建物表題登記といいます。
建物表題登記とは、建物に関する物理的な状況を、登記簿という登記所に備え付けられた公の帳簿に登録する手続きのことをいいます。物理的な状況とは建物の所在・家屋番号・種類・構造・床面積でこれらを登記簿に登録する事により、大きさはどれくらいでどんな形状の建物なのかが明確になるわけです。

建物の種類としては「居宅」「店舗」「共同住宅」など種類別で登記します。また、建物表題登記では、これに加えて、その建物の所有者や新築年月日なども登録します。

こんな時に建物表題登記

土地や建物ことお気軽にお問い合わせください。

このページのトップに戻る