建物滅失登記

その建物の表題部を抹消し登記簿を閉鎖します。

建物を取り壊したり、地震や火災で建物が倒壊・焼失した場合に、その建物の表題部を抹消し登記簿を閉鎖するためにする登記です。

この登記を申請せず放置しておくと、存在しない建物に固定資産税が請求され続けたり、更地の売買にも差し支える場合があります。同じ土地での新築の際、今まで住んでいた建物を取り壊したり、すでにない建物の登記が存在していた場合には一度ご相談ください。

こんな時に建物滅失登記

土地や建物ことお気軽にお問い合わせください。

このページのトップに戻る